RISUきっず 評判

RISU算数とRISUきっず

RISUきっずの評判や口コミが気になる方へ【失敗リスクを極小化させる方法】

RISUきっずって実際に子どもにやらせてみて効果があるのか。

ちゃんと継続して学んでくれるのか。

実際に子どもに使わせた親からの評判はどうなのか。

検討中のママ、パパは気になるところですよね。

そこで今回は失敗しないRISUきっずの導入や活用の仕方などを解説します。

こんな方におすすめ

  • お子様にRISUきっずをさせてみようか考えている方
  • RISUきっずって実際どうなのか気になっている方
  • 口コミや評判をついつい気になる方

 

 

実際のRISUきっずの評判

 

RISUきっずの評判を知りたい場合は公式HPに口コミが出ていますし、「RISUきっず 評判」などで検索することで情報が手に入るかと思います。

以下はRISUきっずの公式HPの抜粋です。

RISUきっず 評判

RISUきっず公式サイトより引用

 

また、他のサイトでもおおよそ評判がよい内容となっています。

ということでRISUきっずというサービスは客観的には良いサービスの可能性が高いと言えます。

ただし、それだけで決めると失敗することもありますので、注意点をご案内します。

 

risu算数の意外な効果
あわせて読みたいRISU算数の効果【算数を得意になるということはどういうことか?】

続きを見る

 

口コミや評判を参考にし過ぎない方がよい!

あるサービスを利用するか決断する際に、そのサービス利用者からの評判の情報を参考にすることは多いかと思いますがその情報に頼り過ぎる危険なケースがあります。情報を発信する人には何らかの意図が働いていることが多いからである。Amazonの商品レビューがステマであると報じられたこともあります。

良い評価も悪い評価も評価者が公正な評価をしているという確証がない限りは、その評価情報を判断に利用することは一定の距離を置くことが賢明である。

では、具体的にどうすればよいか?

それは実際に使ってみることです。

RISUきっずにはお試し利用できるキャンペーンがありますので、実際に使って判断することが失敗リスクを下げるもっともよい方法と言えます。

 

お試し利用ができるのであれば絶対にお試し利用をする

RISUきっず 評判 トライアル

 

幼児教材が合う合わないやきちんと利用されるかは、商品やサービスの良し悪しよりも利用者である幼児の発達状態や性格、親の関与の状況に依存すると言ってよい。

また、サービスを契約すれば、あとは子どもが勝手に学んでくれることは基本的にないと思っておく必要がある。最初は親の関与が必ず必要だと思っておくことが重要である。

RISUきっずには、お試し利用できるキャンペーンがありますので、それを必ず利用してから継続させるか判断することをお勧めします。

 

お試しのやり方

トライアル利用する場合、継続利用するか否かの基準を開始する前に決めておくと判断をしやすくなります。

特にRISUきっずの場合、基本的に年間契約で途中解約しても返金がないため、トライアルの期間でしっかり見極めることが重要です。

お試し期間は決まっているため、その期間内で判断をしなければならなくなります。

基準がない場合は、お試しの観点がなくなんとなくで決めてしまうことになりかねません。

 

参考(判断基準例)

  • 実機で子どもが10分間集中できたか
  • タブレットの使用感は問題なかったか
  • 問題のレベルは子どもにとって妥当だったか

 

お試しの前に是非、判断基準を設定しておきましょう。

 

親の関与の仕方

お試し期間中の親の関与の仕方も決めておいた方がよいです。

例えば、最初の3回は一緒にやってみる。

そのあとから横についてお子様主体で5分集中できるか?

徐々に伸ばして一人で10分集中できるようになったら、契約を継続するなど。

 

子どものモチベーションを維持するため

子どもを褒めることが重要だという風潮がありますが、褒め方をポイントを押さえておく必要があります。

ポイント

  • 認める>褒める
  • 具体的なプロセスを認める
  • 正解で褒めない

 

ついつい、子どもが問題に正解すると、親としては嬉しくなりついついすごいすごいと褒めてしまいますよね。

しかし、モチベーションを高く維持するためには正解を褒めるのではなく、正解でも不正解でもそのプロセスをしっかり認めてあげることが非常に重要です。

例え不正解だとしてもどのように考えてその回答を導いたのかをしっかり聞いてあげることです。

社会人であれば気づいている方も多いと思いますが、社会で生きていくうえで発生する課題は正解がある課題ばかりではありません。

重要なのは、課題に対して自分になりに考えて答えを導き出す努力だったり新たにやり方を見つけ出す力だったりします。

正解を出すことで褒められて育てられると、答えが出ないことでストレスを抱えやすくなったり答えが出ないときに自己嫌悪したり、自分が出した答えに固執する傾向が高くなる可能性があります。

子どもの将来の幸せのためにも自己肯定感を下げるようなことは避けたいものですね。

 

RISUきっずお試しキャンペーン
あわせて読みたいRISUきっずのお試しキャンペーン【お試しなしで申し込むのは危険です!】

続きを見る

 

 

まとめ

RISUきっずをはじめようか迷っている方は、あまり評判や口コミから判断するのではなく、際に使ってみて判断することが重要です。

お試し利用する際は、継続利用する際に基準を予め設定しておくことが判断をあいまいにしないで失敗リスクを下げることになります。

また、お試し期間中の親の関与の仕方もきちんとイメージしておくとお試しの判断がよりクリアになります。

お試し期間を有効に利用して、子どもにとって最善の選択ができるといいですね。

 

RISUきっずはいつから
あわせて読みたいRISUきっずはいつからはじめる?【早ければよい言うというわけではない!】

続きを見る

 

 

+1

-RISU算数とRISUきっず
-,

© 2021 Style-Do!